花粉症とシングレア

シングレアは「抗ロイコトリエン薬」というお薬になります。

 

・抗ロイコトリエン薬とは?
「ロイコトリエン」というアレルギー物質を抑制するため、アレルギー不調を抑えるお薬になります。

 

では、ここでその機能はどのようになっているのか?花粉症を例にして、シングレアの機能について説明していきます。

 

●花粉症のきっかけとは?
花粉症は眼・鼻から「スギ花粉」などの毒を体の外側に出みたいとする警備レスポンスになります。
分かり易く言えば、涙や鼻水によって、花粉を眼や鼻の外から追い出すことがそれにあたります。

 

花粉症はボディが「花粉」を仇敵と認識し、外側に出みたいとする警備レスポンスということになります。
その警備レスポンスは以下のような構造になります。

 

◆花粉(スギ)が体内に同行
・マクロファージ(体内の警備役)が異物と認識して花粉を食べる。
・マクロファージがT細胞、そしてB細胞と伝達して花粉の概要をずっと伝える。
・もう、花粉が入ってきたまま撃退する結果、B細胞が「IgE」という特殊な物質を作りだし、肥満細胞(体の中の爆弾入庫庫)に入庫。
・花粉がさらに侵入したときに、肥満細胞は保管してある「IgE爆弾」が射出され、花粉に沈着。
・「IgE」の炸裂をきっかけに、「ヒスタミン」、または「ロイコトリエン」などの化学交流物質が発散。
・こういう「ヒスタミン」などの化学物質が眼に作用していくと、眼を刺激して「かゆみ」「充血」のような不調を生みます。
・眼のかゆみや充血によって、涙が出てきます。
・そして、涙によって花粉を眼の外側に追い出そうとするのです。
・また、「ヒスタミン」が鼻に作用すると鼻を刺激して、くしゃみ・鼻水として外側に花粉を出そうとします。

 

一方で、「ロイコトリエン」は、鼻の血管をモチベーションし、血管伸長させ、血の原材料を漏出させます。
こういう利益、鼻の血行がかしこく回らなくり、鼻の粘膜が腫れ、鼻づまりを起こしてしまうのです。
また、「ロイコトリエン」は、気管支を締めつけする勤めもありますので、喘息ではこういう「ロイコトリエン」も関与していることになります。

 

シングレアは主に「抗ロイコトリエン拮抗薬」として、「オノン」は「ロイコトリエン」の勤めを邪魔します。
シングレアのOK原材料は「モンテルカスト」であり、「抗ロイコトリエン薬」となります。

 

こういうロイコトリエンを阻害するということは、「ヒスタミン」、または「ロイコトリエン」などの化学交流物質が放出する機能の邪魔します。
「IgE」や「肥満細胞」を邪魔しても、もう「ロイコトリエン」が何かと生まれた今後は効果が期待できません。
また、速効性を求める場合は、ストレート、眼・鼻の不調を引き起こす「ヒスタミン」を抑制する必要があります。
以上のように「シングレア」は、「ロイコトリエン」が受容ボディとの総合を抑制するためアレルギー不調を抑えているのです。

 

以上がシングレアに関する機能やその効果などを解説してきました。
次は、喘息の機能について解説していきたいと思います。

 

《成人でも発症!?きっかけ・不調・ケアなど、悪化させない防護法・方策を説明!》

 

シングレアジェネリックを激安で買うならこちら

シングレア,通販,購入,副作用,効果,即日,花粉症

 

シングレアトップはこっち